“鍼灸師としての強み”を身に付けるための誰でもできる簡単な【遠隔治療】と【治療の魅せ方】を学びました

ようこそ

『鍼灸整骨院で使える!局所に触らず“痛み”改善!鍼灸師のための短時間施術法』をご紹介するセミナーを開催しました

和魂漢才鍼灸セミナー脈診

こんにちは。
和魂漢才鍼灸の濱田です。

先月11月23日(木祝)に
『鍼灸整骨院で使える!局所に触らず“痛み”改善!鍼灸師のための短時間施術法』をご紹介するセミナーを開催しました。

今回のセミナーのメインテーマは、
“鍼灸師としての強み”を身に付けるための【遠隔治療】【治療の魅せ方】でした。

治療する際に、患者さんが痛いと言われる場所を治療するだけでは、なかなか治療結果がでない場合も多くあります。

また、
痛みがあり炎症反応がきつい場合は、局所を施術することが難しい場合もありますね。

そういった時に、
どのようにすれば“局所に触らずに痛みを改善できる遠隔治療”ができるようになるのか?

もちろん西洋医学的に考えて、
今、流行の「筋膜」を使った治療というのも良いのですが、筋膜の流れや走行を全て覚えようと思うと、とても大変ですね。

ですが、東洋医学的に考えると、
遠隔治療をおこなうために覚えないといけないことは、筋膜を覚えるより、はるかに少なくなると僕自身は感じています。

当然ながら、覚えるほうが少ないほうを勉強した方が楽ですよね(^^;

ですので、
今回のセミナーでは、覚えるだけで“ヒトの身体の繋がり”がわかるポイントについてお話ししました。

そして、
痛みを改善するための遠隔治療を行う上で重要になる【診断方法】についてもお話させていただきました。

その診断方法は「脈診」になります。

和魂漢才鍼灸セミナー脈診

脈診と聞くと、とても繊細な感覚で難しいと感じるかたも多いと思います。
また、専門学校で習ったきり使っていないからよくわからない…というかたもいらっしゃると思います。

ですが、脈診といってもの様々な方法があります。

今回は【脈診初心者でもできる、ヒトの身体の繋がりを診る方法】

をご紹介させていただきました。

今回の方法は、

脈のあるポイントが“強いのか?”“弱いのか”

ただ、それをみるだけで、痛みがでている局所を触らずに治療できるポイントがわかる方法です。

“強いのか?”“弱いのか”をみるだけで治療するべき経穴がわかるので、とてもシンプルでわかりやすいのが特徴になりますね。

和魂漢才鍼灸セミナー

和魂漢才鍼灸セミナー

そして、その脈診方法を使い、実際にペアになって実技をおこないました。

脈診をして、治療するべき経穴(ポイント)をみつけて、遠隔から施術をして、受けた患者さん役のかたの身体がどのように変わるのか?を実際に確認しました。

和魂漢才鍼灸セミナー

和魂漢才鍼灸セミナー

今回、ご参加いただいたかたの8割以上が「専門学校以来、脈診はしたことがない」というかたでしたが、参加者のかた全員が”脈の変化”と実際に治療した際に、”患者さんの身体が良くなったという変化”を感じられた!という声をいただけたことがとても嬉しかったですね。

そして、
最後に脈診→施術→効果測定をおこなう際に大事なポイントについてお話させていただきました。

脈診で治療する際にとても重要になることに患者さんへの”治療の魅せ方”があります。

いくら施術者が「脈が変わった」という手ごたえがあっても、患者さんが実際に、身体が良くなったと感じてもらえないと治療に満足していただけませんね。

その際に大切なのが、自分自身がおこなう治療をどう魅せるのか?
どうすれば「この先生、すごい!」と思ってもらえるのか?

になります。

その魅せ方のコツをお伝えさせていただきました。

最後に、今回、受講いただいた参加者のかたからいただいた感想をご紹介いたします。

◆訪問鍼灸勤務Sさん
学校で習った脈診とはまた別の簡単な脈の見方があることが知れました。
脈診がもっとスムーズに使えたら短時間で患者さんに満足した治療ができるなと思います。

◆鍼灸整骨院勤務Kさん
脈診してツボを押さえるだけで身体の動きがかわることが一番印象的でした。
もっと知りたい、もっと勉強しようと思います。

◆鍼灸院勤務Nさん
先生にデモで治療して頂き、首の痛みがとても楽になりました。
また、脈の変化が自分でも実感できました。
久しぶりの東洋医学でしたが、とても楽しかったです。
脈診に対する苦手意識が少しとれました。

以上のようなありがたいお声をいただきました(^_^)

僕自身も7年前に東洋医学を学び始めた時は、「脈診なんてわからない、使えない」と思っていましたが、実際に“わかりやすい脈診”から学び始めると少しずつですが、わかるようになってきました。

また鍼灸整骨院などの職場でも脈診ができると、
治療効果がアップしたり、施術時間が短縮出来たり治療の瞑眩反応がでなくなったりしました。

そういった自分自身の経験を踏まえて、東洋医学が面白い!使える!と、もっと多くのかたに感じていただきるように、情報発信をしていきたいですね(^^;

ここでお知らせです。
次回もお試しセミナーを開催します。

テーマは
「明日から使える!内臓を治療できるようになるための背中のツボ講座」

頑固な肩凝りや腰痛、頭痛などは、内臓が疲れることで起きてくることも多くあります。
そういった頑固な症状を改善するために!
また、
今後、増えていくであろう内科的な疾患を治療できるようになるためには、背中のツボをどのように使っていけばよいのか?

こういったことを基礎から学んでいきます。

日程は、年が変わって1月8日(月祝)
時間は、9時~13時
会場は、今回と同じく「芦屋 はりきゅう はまだ三禄堂」
参加費はお試し価格の2000円

また詳細は後日、お知らせさせていただきますね。

東洋医学って面白い!現場で使える!
と思ってもらえる内容をお話させていただきますので「東洋医学に興味があるけど、今まで勉強したことないし…」と不安に感じているかたは、ぜひお試しにご参加ください(^^)

濱田貴之

お申込み、お問い合わせはコチラまで
dentounotakumi@gmail.com



コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。





MENU

CONTACT
HOME