和魂漢才鍼灸セミナー

ようこそ

こんにちは! 和魂漢才鍼灸の足立繁久です。 今回のブログでは久しぶりに実際の鍼灸症例を挙げます。 嘔吐・下利症状の後の腹痛の治験例です。 ■以下 症例・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 来院日の5日前から、ムカムカ...

治験例

2013-10-14

和魂漢才鍼灸の足立繁久です。 別ブログでも同様のテーマで記事を書きましたが 『治療家は邪気を受けやすいのか?否か?』 このことについて、別ブログでは“邪を受けることは無い”派の意見を書いています。 初級のうちは “患者さ...

臨床

2013-05-05

皆さん、こんにちは! 和魂漢才鍼灸の足立繁久です。 最近思うことですが・・・ 『身体の情報は身体のあらゆる場所にあらわれている』 当たり前のことですね。 しかし、残念なことに…未熟さや先入観のために せっかくの情報を見過...

臨床

2013-03-22

こんにちは! 和魂漢才鍼灸の足立繁久です。 鍼の感覚やイメージって、とても大切ですよね。 皆さんはどんな感覚やイメージを以って日々鍼治療をされているでしょうか? 私の場合、やはり“らせん”を強く意識します。 “らせん”の...

臨床

2013-02-05

みなさん、こんにちは! 和魂漢才鍼灸の足立繁久です。 さて、最近の私のマイブームについて書いてみます。 私のマイブーム。 それは尺膚診です。 ≪このかわいい尺膚はうちの末っ子(熟睡中)の尺膚≫ 尺膚とは・・・臂(腕)の皮...

臨床

2012-10-06

皆さん、こんにちは!! 和魂漢才鍼灸の足立です。 鍼灸師の私たちは、鍼を使って治療しますよね? では、鍼治療の目安ってどんなことを目安にしていますか? “ここまで”で治療完了!OK!!という治療の目安です。 ・痛みや症状...

臨床

2012-10-01

こんにちは! 和魂漢才鍼灸の足立です。 さて、前回は受け手側の鋭い視点から見た “優れた鍼灸師の条件”について紹介しました。 他にもゲストの方々(患者さん)から教わる気づき多いですよ。 そんな『患者さんは先生』な話題をも...

臨床

2012-09-28

皆さん、こんにちは!! 和魂漢才鍼灸の足立です。 今日の話題は『患者さんは見ている』 鍼の受け手である患者さんは、なかなか鋭い眼で私たちを観ています。 私たち施術家の見えていない盲点を観察しているものです。 ま、当たり前...

臨床

2012-09-10

皆さん、こんにちは!! 和魂漢才鍼灸の足立繁久です(^^) 蚊に刺されると痒みが出る人と出ない人があります。 唐突な話ですが、これは本当です。 私の義父は蚊ごときに刺されても痒くもなんともありませんし、 師姉のお爺さんも...

臨床

2012-07-24

こんにちは! 和魂漢才鍼灸の足立繁久です。 さて、最近『今まで以上にもっと勉強し直そう!』という感じでモチベーションが上がっています。 (もちろん、今まで手を抜いていたつもりではないのですが…やっぱ甘いですよね^^;) ...

臨床

2012-05-12

最近、多大な被害を出した竜巻。 さらには、雷も頻発しています。 (被害に遭われた方の早急な回復を願っています。 …としか言えないことをお許しください…) さて、この竜巻や雷の意味を陰陽五行で考えると、 鍼のこと、補瀉の理...

臨床

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。





MENU

CONTACT
HOME