患者さんは見ている…

ようこそ

患者さんは見ている…

2012-09-28

皆さん、こんにちは!!
和魂漢才鍼灸の足立です。

今日の話題は『患者さんは見ている』

鍼の受け手である患者さんは、なかなか鋭い眼で私たちを観ています。

私たち施術家の見えていない盲点を観察しているものです。
ま、当たり前ですけどね。

『患者さまは先生』
こんな言葉もあるくらいです。

そんな患者さま(=先生)の御一言を紹介しますね。

□■□=====
私の思うに、治療の上手な先生ってー・・・
(と、いきなり超さり気ない感じで始まった!)
いろいろな治療院に行って、いろんな先生から治療してもらった経験でいうと…

動作や所作が静かな人ですよね。
静かって言っても、音を出さないってわけじゃなくって…
でも、そんな先生は治療も上手い。
と思うんです。
=====□■□

いきなりドキリとさせられるようなありがたいお話でした。
これ、ありますよね。

動作が荒い人は鍼先も荒くなる
その傾向はあると思います。
一事が万事です。

これに関連することですが・・・
よくモノにぶつかる、
よくモノを落とす、
と、いった具合に騒々しいことは
自分のテリトリーが把握できていない
もしくは自分のテリトリーが狭い…ということにもつながります。

氣が及ぶ範囲が狭い…ということでしょうか。

所作が静かで穏やか、動きがスムーズ…というのは気を乱さないことにつながります。

また、自分の守備範囲・エリアはしっかりと把握していること。
これは、鍼という道具を介して、治療を行うということに於いてとても重要なことです。

気の及ぶ範囲が狭いと鍼先の感覚なんて分からないでしょうから。

こういった患者さんのひと言は大事ですね。

治療家は治療に没頭するあまり視野が狭くなってはいけません。
(自分に言い聞かせてますけどね)

かといって、治療から心が離れすぎてもいけません。

常にニュートラルに、自然に・・・ですね。
上級コース≪鍼灸の真髄を学び 治療家の王道を歩むセミナー≫は
鍼灸の理を追究する情熱あふれる仲間を募集しています!

やる気さえあれば、途中参加でもいつでもウェルカム♪
あなたを大歓迎しますよ(^^)

★申込み方法…和魂漢才鍼灸セミナー申込みフォームから、
1、お名前
2、連絡先(メールアドレス、PCと携帯の両方が望ましいです)
3、当日連絡先(上記携帯アドレスでOK。緊急連絡のために必要です)
4、勉強会に対する抱負(おひと言でもOKです)
以上をご記入のうえ、メールにてお申込みください。

≪鍼灸の真髄を学び 治療家の王道を歩むセミナー≫の詳細情報

 

開催日:毎月第3日曜日に開催(第1回は4月15日)

 

時 間:10:00~18:00

 

会 場:足立鍼灸治療院 仁鍼道(大阪府河内長野市)

 

持ち物:白衣、筆記道具、治療道具(打鍼・てい鍼など)、スリッパ

 

会 費:15,000円(銀行口座引落される場合の料金です)
18,000円(口座引落されない方はこの料金となります)



コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。





MENU

CONTACT
HOME