言葉を尽くすほどに真理から遠ざかる…?

ようこそ

言葉を尽くすほどに真理から遠ざかる…?

2012-07-24

こんにちは!
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

さて、最近『今まで以上にもっと勉強し直そう!』という感じでモチベーションが上がっています。
(もちろん、今まで手を抜いていたつもりではないのですが…やっぱ甘いですよね^^;)

さて、その中でふと気づいたことがあります。

それがブログ記事タイトルの
『言葉を尽くせば尽くすほど真理から遠ざかる気もする』
ということです。

我われ、伝統医学、古典医学を志す者は古典・古医籍をよりどころに学びを深めます。

古典と呼ばれるものは、すでに失われたものが多くあるといえども
現存している貴重な古医籍は数多くあります。

それらの多くはその源流である
『素問』『霊枢』『難経』『神農本草経』『傷寒雑病論』・・・といった古典・原典に端を発しています。

多くの古医籍は、これら原典に記されている真理を追究しようと書き記されているものも多くあります。

しかし、最近思うのが、歴代の医家たちが遺してくれた数多の医書。

これらを網羅すればするほど、真理から離れていく・・・

そんな気もするのです。

不適切な譬えかもしれませんが…日常でもありますよね。
『言葉を重ねれば重ねるほど、本当の気持ちがうまく伝わらない…』
(わが家の夫婦関係か?)

なので(?)相伝のありかたに“不立文字”という伝え方もあったのでしょう。
非効率に見えて、極めて確実性の高い伝え方だったのかもしれません。

とはいえ、このことは絶対ではありません。

言葉や文字を尽くして迷いに入ってしまう人もいれば
反対に、言葉と文字を尽くして究めて、真理に到達するタイプの人もいます。

山の登り方はひとつではないということです。

よりスムーズに教えを受け取るコツ。
そのひとつが師匠の感性により近づく…ということなのでしょう。

師匠がどんなことを大切にしているか?
師匠の行動・思考パターン・価値観・好み・・・など。

なので、師匠の好きなもの・嫌いなもの・好きなお酒やたばこの銘柄など知っておくように!
そんな教え(を受けたことがありますが)もあながち前時代的な風潮ではないと思うのです。

・・・と、最後はちょっとテーマからずれましたが…(^^;)

言葉を尽くせば尽くすほど、真理から離れる…。

一を知って十を知りつつも・・・
大事にするけど執着しないということでしょうか。
常に自由、自在であるように・・・修行が必要ですねm(__)m

上級コース≪鍼灸の真髄を学び 治療家の王道を歩むセミナー≫は
鍼灸の理を追究する情熱あふれる仲間を募集しています!

やる気さえあれば、途中参加でもいつでもウェルカム♪
あなたを大歓迎しますよ(^^)

★申込み方法…和魂漢才鍼灸セミナー申込みフォームから、
1、お名前
2、連絡先(メールアドレス、PCと携帯の両方が望ましいです)
3、当日連絡先(上記携帯アドレスでOK。緊急連絡のために必要です)
4、勉強会に対する抱負(おひと言でもOKです)
以上をご記入のうえ、メールにてお申込みください。

≪鍼灸の真髄を学び 治療家の王道を歩むセミナー≫の詳細情報

 

開催日:毎月第3日曜日に開催(8月は19日に開催!)

 

時 間:10:00~18:00

 

会 場:足立鍼灸治療院 仁鍼道(大阪府河内長野市)

 

持ち物:白衣、筆記道具、治療道具(打鍼・てい鍼など)、スリッパ

 

会 費:15,000円(銀行口座引落される場合の料金です)
18,000円(口座引落されない方はこの料金となります)



コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。





MENU

CONTACT
HOME