胃の氣について

ようこそ

胃の氣について

2012-09-21

皆さん、こんにちは!
和魂漢才鍼灸の足立繁久です

最近、胃の気について分かっていなかったことが分かりました。
(ん?変なニホンゴ…)

胃の気。

☞ 中庸であること。
☞ 和していること。
☞ 平であること。
☞ 陰陽を兼ね備えていること。
☞ 四方(四臓)に灌注すること。

などなど挙げられますが…

☞ 陰陽を繋ぐこと。

これに尽きます。

これが平・和。和することです。

“和”とは体内における事象をつなぐだけではありません。

体内と体外をつなぐことも胃の気の役割です。
それについて書かれているのが四難です。

生命が進化の過程で手に入れたエネルギー生産システム。
これが胃の気に相当すると考えるのです。うん。

空間においても、時間においても、
他者をつなぎ命を生み出す存在が“中”であります。

胃気・イキです。

9月の上級コースでは、こんな話にも触れてみました(^^)

≪鍼灸真髄 治療家王道セミナー≫に興味ある方は途中加入も大歓迎!!
あなたと一緒に勉強できる日を楽しみにしています!

セミナーへの申し込みは…↓コチラ↓のメールフォームから♪
☆参加希望の方はこちら↓のメールフォームからお申込みください(^^)

関西・中部・中国地方からも参加メンバーあり。
距離を問わず、鍼灸の追窮に燃える同志を募集中です!

☆10月の和魂漢才鍼灸のセミナー予定
◆初級者コース
≪脈診が3倍わかる 12のプログラム≫9:00~12:00
10月14日(日)…岡井 志帆先生
前回のセミナーの様子はコチラのブログをご覧下さい。

◆上級者コース
≪鍼灸の真髄を学び 治療家の王道を歩むセミナー≫
10月21日(日)…足立繁久
(鍼灸…心包について)
前回のセミナーの様子はコチラのブログへ

◆初級者コース
≪脈診が3倍わかる 12のプログラム≫9:00~12:00
10月14日(日)…馬場 乾竹先生(和魂漢才鍼灸 代表)



コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。





MENU

CONTACT
HOME