脈で占う 脈占術

ようこそ

脈で占う 脈占術

2013-05-06

皆さん、こんにちは!
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

脈診で人を占うことが可能だろうなー…なんて。

去年あたりからこんな妄想をしています。

妄想とも言えますが、当たり前といえば当たり前ともいえます。

世の中の占いには、
四柱推命や易占いなどもありますが、

人相学(術)や手相でも人を占うこともあります。

1、人智の及ばない要素(生年月日時、時の運・機)を基に占う方法。

2、その人に表われる兆しを元に占う方法。

・・・などなどがあります。

中でも、人相占いや手相占いはイメージしやすいと思います。

人相学(術)や手相でも、人を占うこと。
これは面部や掌を診ることで、人の過去・現在・未来を観ることが可能…

ならば、脈でも同じことが言えるとも思うのです。

面部・掌部と同様に、
脈は神の通じる部位なのですから。

さらに脈診には、陰陽・上下・前後…の要素があります。

過去・現在・未来を候い知るには、十分な要素だと思うのです。

『脈診は占いとは違う!!』

こんな反対意見もあるとは思いますが、
人をそのまま観るということは、そういうものなのだ…とも思います。

『木を見て、森を見ず』

これも東洋医学をする人が好んで使う言葉です。

しかし、臨床現場で使う脈診は、
現在の体質・病の状態を診ようとしすぎてしまう…そんな短所もあるのです。
(当然です、それが仕事なのですから…)

人を観るという面においては、
かえって限定されたものの観方になるとも思うんですね。

人をそのまま観ることの大事。

『限定した見かたではなく、ありのままを観る』という点では
こんな妄想もアリだと思います。
(占いの勉強はしてませんが…^^;)

=========================================================

☆和魂漢才鍼灸セミナー参加希望の方は
こちら↓のメールフォームからお申込みください(^^)

 

関西・中部・中国地方からも参加メンバーあり。
距離を問わず、鍼灸の研鑽に燃える同志を募集中です!
2013年度の詳しい情報はコチラからご覧ください♪

◆初級コース・・・担当講師(馬場 乾竹先生)
詳細情報はコチラのブログ記事へ!
※初級コースは定員に達しましたので、現在キャンセル待ちの状態です。

◆中級コース・・・担当講師(岡井 志帆先生)
詳細情報はコチラのブログ記事へ!

◆上級コース・・・担当講師(足立 繁久先生)
詳細情報はコチラのブログ記事へ!
=========================================================



コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。





MENU

CONTACT
HOME