濵田貴之先生

ようこそ

濵田貴之先生

【講師としての想い】

東洋医学の治療法は、実際の現場では使いにくい…

そのような声はよく聞くのですが、東洋医学をしっかりと学び、工夫して使えば、治療時間などの制約がある現場でも、十分に使えて治療効果が高まります。

また、カイロプラクティック・オステオパシーやマッサージなどの治療法にも十分活かすことができます。

僕自身は、東洋医学を学ぶと治療効果が高まり、治療が楽しくなってくるということに気付くまでに4年かかりました…

せっかく選んだ鍼灸師という職業!

より早く、東洋医学を使いこなして、治療効果を高めるだけでなく、治療することの面白さを一緒に体感していきましょう!

【東洋医学を学びはじめたきっかけ】

学生時代は、東洋医学を理解できず、とても苦手でした。

学校を卒業して最初に勤めた鍼灸整骨院では、東洋医学ではなく、カイロプラクティックを3年間学びました。

その後、オステオパシーを学んでいた時に、同時に友人に誘われて行きはじめたのが和魂漢才鍼灸セミナーでした。

初めは、友人の付き合い程度に行っていたので全然楽しくなかったのですが、古典鍼灸の経絡の流れと【身体の膜】の類似性に魅了されて、古典鍼灸・東洋医学にドップリはまっていきました。

西洋医学的な解剖学や生理学と東洋医学の考え方が一致して、繋がってくると、自分の頭で考えて治療方針が立てられるようになります。

「この疾患ならこの経穴!」という考え方だけでなく、「この場合は、違う経穴の方が効果があるのではないかな?!」と自分自身で考察しながら治療が出来ると、仕事がとても面白くなってきます。

【出身地】 兵庫県明石市
【誕生日】 1985年6月4日
【血液型】 O型
【勤務先】 はまだ三禄堂
【趣味】 サッカー観戦
【好きなチーム】 アーセナル
【好きなアルコール】 日本酒
【老後、移り住みたい場所は?】 長野県松本市



コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。





MENU

CONTACT
HOME