チョット変わった肺経のツボ・列缺 和魂漢才鍼灸メルマガ vol.15

ようこそ

チョット変わった肺経のツボ・列缺 和魂漢才鍼灸メルマガ vol.15

2013-07-06

─────────────────────────
◇◇ 和魂漢才鍼灸 鍼灸治療のツボ ◇◇
─────────────────────────
2013.07.06

皆さん、こんにちは!
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

昨日は今年初のクマゼミの鳴き声を聞きました。

≪写真は去年みたクマゼミの羽化≫

それもそのはず。もう7月ですもんね。

さて、真夏直前ですが、まだまだ肺経。
こつこつジリジリと前進していきましょう!

今回は肺経の絡穴・列缺です。

─────────────
■ 十四経脈気所発篇 手太陰肺経穴歌
─────────────
列缺(鍼二分、灸三壮)

中風、口面喎斜、手肘に力無く、口禁して開かず、
瘧疾、沫を嘔し、咳嗽、胸背寒慄、少気して以て息するに不足するを主る。
─────────────

以上の列缺が主に治療する症状群を見ていくと…
この列缺という経穴が“金の性質”が強いというのがよく分かります。

中風・口眼喎斜・手肘無力・口禁不開
瘧疾・嘔沫・咳嗽・胸背寒慄・少気以息不足・・・

と、すべて金の性質を利用して治療していますね。

もちろん、今まで紹介した中府~孔最までの
肺経の各経穴も“金の性質”を持っています。

しかし、今回の列缺の主治病症をみていると・・・
列缺特有の病症があるようです。

そして、それは他の肺経経穴には無いジャンルの症状です。

それは・・・中風・口眼喎斜…などの症状。

ここでの中風は外感病だけではなく、
いわゆる“ちゅうぶ”(今風にいうと脳血管障害)としての中風…と、理解することができます。

中風という疾患の病因病理には多種多様なパターンがありますが
結果としては“風木の症”として分類することができます。

この風木証に対して金の性質を持つ列缺で効かせる…という見方もできますね。

しかし…!!

風木に対して列缺が効果的ならば・・・
なぜ他の肺金経の経穴に【中風・口眼喎斜…】が主治症として挙げられなかったのでしょうか?

やはり列缺だからこそ…の理由があるのだと言えます。

“列缺の位置”から見ても口・眼に効くことは考えられますし

列缺が●脈と関連する穴だからこそ、風木証に効果があるのだ…とも言えますね。

『風を治するには、先ず血を治せ。血が行れば風はおのずと滅す…。』
と、言いますもんね(^^)

【 あとがき 】

と、今回は主に“風木の症状”に焦点を当てて列缺穴をみてみました。

太陰肺経の絡穴であり、陽明経に連絡していること。
任脈の主治穴であること。

もちろん、このような見方以外に、様々な視点からも、
これら病症への効果を考えることができますよ♪

治療と発想のバリエーションを広げていきましょう(^^)/

主な参考資料『十四経和語鈔』
================================

編集:足立繁久(和魂漢才鍼灸 講師)
発行:和魂漢才鍼灸

【孔最穴】←前号 ・ →次号【経渠穴】

編集:足立繁久(和魂漢才鍼灸 講師)
発行:和魂漢才鍼灸

☆和魂漢才鍼灸セミナー参加希望の方は
こちら↓のメールフォームからお申込みください(^^)

 

関西・中部・中国地方からも参加メンバーあり。
距離を問わず、鍼灸の研鑽に燃える同志を募集中です!
2013年度の詳しい情報はコチラからご覧ください♪

◆初級コース・・・担当講師(馬場 乾竹先生)
詳細情報はコチラのブログ記事へ!
※初級コースは定員に達しましたので、現在キャンセル待ちの状態です。

◆中級コース・・・担当講師(岡井 志帆先生)
詳細情報はコチラのブログ記事へ!

◆上級コース・・・担当講師(足立 繁久先生)
詳細情報はコチラのブログ記事へ!



コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。





MENU

CONTACT
HOME