8月の初級コースは【夢分流・打鍼】を学びました♪

ようこそ

8月の初級コースは【夢分流・打鍼】を学びました♪

2012-08-12

こんにちは!
和魂漢才鍼灸の岡井 志帆です(^^)
7月に引き続いて8月の講義も『打鍼&腹診』がメインテーマです。

今回は、具体的な 『鍼の打ち方』を学びました!

【実技風景その1】

打鍼術の中でも特に代表的な鍼術として

・火曳きの針
・勝ち累きの針
・負け曳きの針
・相い引きの針

以上の技術を『鍼道秘訣集』を読みながら実際に学んでいきましたよ。

打鍼にも 補瀉 があります。

それぞれ鍼術の違いを知り、
状況に応じてしっかりと使い分けできるように打鍼をマスターしましょう!

状況に応じて鍼を使い分ける基準となるのが、虚実です。

虚と実、そしてもうひとつ“虚中の実”

このような穴の反応を見つけ出す練習も行ないました。

虚に対する鍼法。
実に対する鍼法。
そして、虚中の実に対する鍼の方法があります。

学んだ技術を駆使して、しっかり治療できるように
普段から打鍼の練習をしましょうね♪

 
では、今回も皆さんの感想をお聞きしましょう♪

◆==========

-M先生-
今日も、すごく勉強になりました。
打鍼の手技ガンガン練習したくなりました。
打鍼のイメージが出来ました。

M先生
ガンガン練習してくださいね(^^;)♪
ですが、針当りが少ないとはいえ針は針。
患者さんにするときは、充分に気をつけてくださいね。
愛を持って治療してください(^^)

————————-
-Y先生-
今日は、腹診と打鍼の復習でした。
打鍼は、院内研修でやっていた内容と同じでしたが、
新たな気づき・学びもありました。
自分の成長具合は分かりませんが、
マスター出来るように、トレーニング頑張りたいです。
あとは、脈診ででてきた『関前』『関後』調べてみます。

Y先生
今は打鍼を頑張っていますが、
秋からはまた、脉診していきますよ!
そのためにも、色々調べておいてくださいね

———————

-H先生-
今日は、打鍼の勉強会でした。前回(7月度)より理解が深まりました。
昨日、食べ過ぎましたので進んでデモンストレーションのモデルになり、
志帆先生に治療してもらいましたが、
とてもその効果に驚きました。
次回、3回目の打鍼の勉強会がすごく楽しみです。

H先生
食べすぎだったのですね(笑)
お腹がカエルさんのようになっていました。
打鍼を頭で考えすぎると、上達が遅くなります。
姿勢と音に集中して、練習してくださいね♪
食べすぎ注意ですよ

———————

-K先生-
打鍼のリズムと打つ強さが微妙で難しいです。
打鍼の種類の使用・使い方が難しく
考えます。

K先生
まずは、基本の 『補瀉』を練習しましょう。
自分の音の違いを表現できれば、充分治療できますよ。
My鍼 が来たら、しっかり練習してくださいね♪
お嬢さんに治療してあげてください
パパ株UPですね!

————————-

-M先生-
打鍼を教えてもらいました。
打鍼を持っているのでさらに練習したいです。


M先生
治療院開設のため、しっかり練習してくださいね!
応援しています
何かひとつ自信のある技術をもつと、強みになります!
きっと、お役に立てますよ

——————-―-

-S先生-
今日初めて参加させていただきましたが、
普段臨床をしていないので、
この勉強会でいろいろ教えていただき吸収したいです。


S先生
鍼灸師でもあり薬剤師さんでもあり。
現場でのお話を、お伺いでき大変嬉しく思います。
遠い愛知から参加ありがとうございます。
また、鍼灸師としての学びを深めていきましょう!

==========◆

脈診勉強会ではありますが、打鍼を学ぶことで
臨床に使える技術(打鍼+腹診)を学んでもらっています。

まだまだ脈診だけでは 『即、治療!』とはいかなくとも
腹診&打鍼ができれば、それだけでも治療ができます。

腹診から自分が読み取った情報を、
東洋医学的に分析するトレーニングになります。

しっかり練習積み重ねていきましょうね♪

来月は、夢分流の最も大切なことを学んでいきますよ!!
これは流派を問わず、治療家として大切な芯となることです(^^)
初級コースへの途中参加はもちろん大歓迎です。

セミナーへの参加希望はコチラのボタンをクリック!!

★申込み方法…和魂漢才鍼灸セミナー申込みフォームから、
1、お名前
2、連絡先(メールアドレス、PCと携帯の両方が望ましいです)
3、当日連絡先(上記携帯アドレスでOK。緊急連絡のために必要です)
4、勉強会に対する抱負(おひと言でもOKです)
以上をご記入のうえ、メールにてお申込みください。



コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。





MENU

CONTACT
HOME