【和魂漢才鍼灸】中級コース10月 開催されました

ようこそ

【和魂漢才鍼灸】中級コース10月 開催されました

2016-11-07

こんにちは。
和魂漢才鍼灸の岡井志帆です。

中級コース10月度のテーマは、
『脉状診』でした。

脉を診て、その脉の打かたを読み取り
身体の状態を読み取る方法です。

慣れないうちは、
『脉の打ち方』を指先で感じるのは
繊細な感覚が必要なので、
難しく感じます。

しかし、
鍼灸の技術は
職人さんと一緒です。

コツコツと修行を積めば
出来るようになります。

「指の感覚」と「知識」を
合わせて学んでいくことで、
上達がより早くなります。

セミナー生脉診11月①

『脉状』も、
陰陽五行の理論に基づいて
分けていきます。

セミナーでは、
陰陽の意味、
五行の意味を考えて行きました。

古典に書かれている表現は
自然のものをあらわしたものなので、
実際に自然のものにふれることで
よりイメージしやすくなり
理解もしやすくなります。

セミナー生11月②

例えば、
『脉法手引草』という本の中の
「諸脉の形状の論」には、

「濡脉は、水面に綿を浮かべるがごとし」と
書かれています。

そうであるなら、
水に綿を浮かべたものを用意して
実際に触れてみてはいかがでしょうか。

その頼りない様子、
力の無い様子。

指先で感じて
覚えていくのも
いいでしょう。

私も、しゃくとり虫やナナフシといった
虫に触れてみて
その感触を味わってみました。

しゃくとりむし

頭で考えているだけより、
ずっとイメージしやすいです。

ぜひ、実際に触れるというトレーニング
積み重ねてくださいね。

和魂漢才鍼灸
岡井志帆



コメントを残す

*

PAGE TOP

更新通知

メールアドレスを入力し「購読」ボタンを押してください。メールで更新情報をお届けします。





MENU

CONTACT
HOME